東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

柳采延 (著)
『専業主婦という選択 韓国の高学歴既婚女性と階層』
(勁草書房, 2021年2月)

2021.03.10更新

専業主婦という選択

序 章 「高学歴専業主婦」という現象

  • 問題意識と研究目的
  • 研究内容と研究方法
  • 本書の構成
  • 用語の整理

第Ⅰ部 韓国における社会構造の変化──家族と女性

第1章 韓国の社会変動と女性の労働

  • 産業化初期の女性の労働と韓国の近代家族
  • 民主化前後の韓国社会と女性の賃金労働者化
  • 雇用環境の大転換と職業的階層分化
  • 少子高齢化、未婚化・晩婚化
  • 小括

第2章 韓国の女性・家族政策の変遷

  • 産業化初期の家族政策と労働の統制
  • 女性の「労働権」という視点──「男女雇用平等法」の導入と発展
  • ワーク・ライフ・バランスの視点の導入
  • 少子化対策としての両立支援政策と労働市場の柔軟化政策
  • 養育の再家族化と家族イデオロギー
  • 小括

第Ⅱ部 韓国における主婦の変容と「専業主婦」

第3章 家庭内における女性の地位と役割──一九六〇~二〇一八年の新聞記事分析から

  • 家族関係と女性の役割
  • 対象選定と分析方法
  • 再生産領域と女性──「家父長」との関係を中心に
  • 小括

第4章 働く主婦へのまなざし──主婦の労働をめぐる言説とその歴史的経路

  • 韓国における主婦と再生産労働
  • 研究方法と対象選定
  • 一九六〇~一九八〇年代──「主婦化」における特徴
  • 一九九〇年代以降──市場労働/再生産労働の意味づけの変容と「専業主婦」
  • 小括

第5章 教育する母

  • 韓国における母親の「子どもの教育」
  • 対象選定と分析方法
  • 子どもの教育における役割の変化──「母親の成功物語」化
  • 教育する母──高学歴専業主婦の「自分らしさの探求」
  • 小括

第Ⅲ部 専業主婦という選択と家父長制

第6章 「専業主婦」という選択と社会構造

  • 「高学歴専業教育マム」という地位
  • 経済的不平等の拡散と階層ごとの主婦の型
  • 小括

終 章 構造化される選択──ミクロとマクロの視点から

  • 専業主婦という選択
  • 家父長制と構造化される選択
  • 本書の意義と課題

あとがき
参考文献
人名索引
事項索引