東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

宇野重規 (著)『民主主義を信じる』
(青土社, 2021年2月)

2021.02.09更新

民主主義を信じる

はじめに 民主主義が問い直された五年間

Ⅰ 二〇一六年――「憂慮」

  • コモン・センスを問う
  • 世界が分極化する中で
  • 選挙改革 将来への論点
  • 憲法評価の高まり
  • 起こるべくして起こった辞職
  • 奇妙な判断停止
  • 左派指導者の資質
  • 米大統領選での「ねじれ」
  • 政治家を育てる
  • 二〇一六年の転換

Ⅱ 二〇一七年――「始動」

  • トランプの民主主義
  • 米国の立憲主義
  • ソンタクという妖怪
  • ポピュリズムの実相
  • 「踏みとどまり」の実
  • 「政治の言葉」の回復
  • 政治のプリンシプル
  • 衆院解散の「副作用」
  • 「若者の保守化」に思う
  • 「半熟卵」の日本政治

Ⅲ 二〇一八年――「予兆」

  • 滑稽なネズミ
  • マクロンの徴兵制
  • 進む政治の「ガラパゴス化」
  • 今こそ日本の役割、再確認を
  • 時代遅れの危機対応
  • 死刑の是非を考える
  • 日独の担うべき役割
  • 「保守本流」の弱体化
  • 記者殺害事件の嘆かわしさ
  • なんとも微妙な結果
  • 国民的議論を踏まえて

Ⅳ 二〇一九年――「深化」

  • 民主主義の最後の砦
  • 奇妙な中ぶらりん
  • 海士町の「奇跡」
  • 何が始まったのか
  • むなしい「真夏の狂宴」
  • 一票投じる三つの基準
  • やりくりの歴史に学ぶ
  • 人事から読み解く胸中
  • 長期的視野での治水を
  • 理念の価値教えた教皇

Ⅴ 二〇二〇年――「異変」

  • 劇的事件に慣れる怖さ
  • 危機に備える哲学
  • 五輪というハンディ
  • 負担の分かち合い
  • 米国の姿は各国の明日
  • 検証の機会生かせたか
  • 法治という価値
  • 「二〇二〇年体制」に期待
  • 線を引くという知恵
  • 民主主義再生の芽

あとがき