東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

水町勇一郎(著)『水町詳解労働法 公式読本 ー理論と実務でひも解く労働法Q&A300』〔第2版〕
(日本法令、2022年7月)

2022.06.23更新

水町詳解労働法 公式読本

1 労働法の歴史

  1. 〔Q1〕「近代」とは?
  2. 〔Q2〕日本の長期雇用慣行の原点
  3. 〔Q3〕奉公契約や雇用契約の期間(年季)の変遷
  4. 〔Q4〕「家職」「家業」はジョブ型?
  5. 〔Q5〕工場法と商店法
  6. 〔Q6〕ILO条約と日本
  7. 〔Q7〕労働法と社会保障法の源流
  8. 〔Q8〕労働市場の変化と労働者派遣法
  9. 〔Q9〕少子化の背景と課題
  10. 〔Q10〕「働き方改革」の行方
  11. 〔Q11〕働き方改革と保守思想
  12. 〔Q12〕日本の雇用システムの根源
  13. 〔Q13〕学説が裁判例に与える影響

2 「労働者」

  1. 〔Q14〕「労働者」概念の相対性と複雑さ
  2. 〔Q15〕役員の社会保険上の取扱いと労働者性
  3. 〔Q16〕労基法上の労働者と労組法上の労働者の違い
  4. 〔Q17〕「労働者」性の判断基準の変化?
  5. 〔Q18〕契約の名称等ではなく実態に基づく判断
  6. 〔Q19〕「労働者」概念の複雑さへの対応
  7. 〔Q20〕労働者をめぐる制度の再設計の構想
  8. 〔Q21〕代表取締役の労働者性
  9. 〔Q22〕ギグワーカーの法的取扱い
  10. 〔Q23〕保険外交員の労働者性
  11. 〔Q24〕離職後労働組合に駆け込み加入した人の労働者性

3 「使用者」性

  1. 〔Q25〕「(法)」が消えた理由
  2. 〔Q26〕「違法・不当な目的」の立証
  3. 〔Q27〕法人格否認の責任追及の相手方
  4. 〔Q28〕間違った指南と共同不法行為責任
  5. 〔Q29〕派遣先均等均衡方式と黙示の労働契約の成立
  6. 〔Q30〕黙示の労働契約の成立と労働契約申込みみなし
  7. 〔Q31〕労基法上の「使用者」性と「管理監督者」性

4 強行法規

  1. 〔Q32〕行政取締法規の私法上の効力
  2. 〔Q33〕なぜ日本の労働法には行政取締法規が多いのか?
  3. 〔Q34〕労働安全衛生法の私法的効力
  4. 〔Q35〕過半数代表者の選出方法
  5. 〔Q36〕過半数代表者の選出への使用者の関与
  6. 〔Q37〕過半数代表者の選出方法や協議のあり方の整備
  7. 〔Q38〕休憩の分散付与は「法律で定める基準に達しない」?
  8. 〔Q39〕労基法等に基づく履行請求権
  9. 〔Q40〕労基法違反の場合の判決の内容

5 労働協約

  1. 〔Q41〕労働組合のない会社の労働者はどうすればいい?
  2. 〔Q42〕労働組合のイメージと課題
  3. 〔Q43〕労働協約の手続きの瑕疵と会社の対応
  4. 〔Q44〕協定(労働協約)と就業規則
  5. 〔Q45〕労働協約の拡張適用とフリーライド問題
  6. 〔Q46〕労働協約の拡張適用と他組合員・非組合員
  7. 〔Q47〕地域単位の拡張適用の波及効果
  8. 〔Q48〕地域単位の拡張適用に使用者が対抗する手段

6 就業規則

  1. 〔Q49〕就業規則の作成・届出が義務づけられている理由
  2. 〔Q50〕就業規則の定義
  3. 〔Q51〕企業年金規約の法的性質
  4. 〔Q52〕法源の優先順位の規定の仕方
  5. 〔Q53〕短時間社員・契約社員に適用される就業規則がない場合
  6. 〔Q54〕就業規則の最低基準効の位置づけ
  7. 〔Q55〕労働者が就業規則に反対する意思表示をしていた場合
  8. 〔Q56〕就業規則の実質的周知
  9. 〔Q57〕就業規則の実質的周知と訴訟リスク
  10. 〔Q58〕就業規則への記載ミス
  11. 〔Q59〕テレワークガイドラインと就業規則
  12. 〔Q60〕労働条件変更の方法
  13. 〔Q61〕個別合意による労働条件変更と就業規則の改定
  14. 〔Q62〕就業規則の不利益変更の法的構成
  15. 〔Q63〕就業規則変更をめぐる紛争の解決の方法
  16. 〔Q64〕労働組合がないときの手続き
  17. 〔Q65〕諸要素の総合考慮と予測可能性
  18. 〔Q66〕個別合意と就業規則変更の関係

7 労働契約

  1. 〔Q67〕労働契約の合意原則と「承諾みなし」
  2. 〔Q68〕社内の事務的ルールの法的位置づけ
  3. 〔Q69〕賃金を一方的に引き下げる合意または労使慣行の存在
  4. 〔Q70〕社長の一存で業務命令
  5. 〔Q71〕ワクチン接種をしない社員への対応
  6. 〔Q72〕就業規則のない中小企業での業務命令の権限
  7. 〔Q73〕テレワークと情報漏洩の責任
  8. 〔Q74〕労働者の顧客詐欺をめぐる使用者からの求償権の行使
  9. 〔Q75〕在宅勤務における費用負担
  10. 〔Q76〕就労請求権とパワハラ防止法
  11. 〔Q77〕就労請求権の解釈と時代の変化

8 労働者の人権保障

  1. 〔Q78〕身元保証契約への極度額の定め
  2. 〔Q79〕退職者への報奨金の返還規定等の適法性
  3. 〔Q80〕企業型確定拠出年金等をめぐる問題
  4. 〔Q81〕使用者以外の第三者による奨学金制度
  5. 〔Q82〕違約金の禁止と日本の人材育成制度
  6. 〔Q83〕ハラスメント防止法と裁判との関係
  7. 〔Q84〕使用者のハラスメント防止措置の実施と使用者責任
  8. 〔Q85〕ひげの「不快感」「異様さ」の判断基準
  9. 〔Q86〕電子メールの閲覧・監視の手続き

9 雇用差別の禁止

  1. 〔Q87〕弱者保護と平等との関係
  2. 〔Q88〕差別禁止規定等の表現の違いの理由
  3. 〔Q89〕役職定年制は適法か
  4. 〔Q90〕人権デューディリジェンスと日本の課題
  5. 〔Q91〕差別禁止と平等取扱いの区別の実益
  6. 〔Q92〕外国人技能実習制度と人権保護
  7. 〔Q93〕採用面接で尋ねてはいけないことについて
  8. 〔Q94〕履歴書の様式例
  9. 〔Q95〕均等法の規定の実効性
  10. 〔Q96〕コース別雇用制は禁止すべきか
  11. 〔Q97〕事件の名前の匿名性について
  12. 〔Q98〕最高裁判事は旧姓を使用できるか
  13. 〔Q99〕雇用差別の禁止に向けた道のり

10 非正規労働者

  1. 〔Q100〕差別的取扱いの禁止(パート有期法9条)の適用
  2. 〔Q101〕テレワークと正規・非正規格差の不合理性判断
  3. 〔Q102〕比較対象の選択とそのための準備
  4. 〔Q103〕比較対象となる正社員がいない場合の取扱い
  5. 〔Q104〕不合理性の量的判断
  6. 〔Q105〕同一労働同一賃金ガイドラインの法的位置づけ
  7. 〔Q106〕賞与の相違の不合理性
  8. 〔Q107〕不合理性判断における正社員登用制度の考慮
  9. 〔Q108〕病気休暇・私傷病休職の相違の不合理性
  10. 〔Q109〕特別休暇の相違の不合理性
  11. 〔Q110〕時給・日給制の短時間・有期雇用社員の休日・休暇の取扱い
  12. 〔Q111〕時給・日給制の短時間有期社員についての「休日」の取扱い
  13. 〔Q112〕退職金に相当する確定拠出年金(DC)制度の評価
  14. 〔Q113〕定年後再雇用者の賞与について
  15. 〔Q114〕定年後再雇用をめぐる均衡判断
  16. 〔Q115〕他の法律政策と格差の不合理性判断との関係
  17. 〔Q116〕労基法附則137条の意味
  18. 〔Q117〕無期転換前の雇止めに対するアドバイス
  19. 〔Q118〕「2年11か月」神話の根拠?
  20. 〔Q119〕契約更新限度の有効性
  21. 〔Q120〕研究者の有期雇用と有期完了事業との関係
  22. 〔Q121〕労働者派遣事業規制の方向性
  23. 〔Q122〕労働者派遣の現状と未来
  24. 〔Q123〕派遣先による労働契約申込みみなし後の待遇について
  25. 〔Q124〕長距離トラックドライバーと個人事業主

11 労働関係の成立

  1. 〔Q131〕試用目的で締結された有期労働契約の法的性格

12 教育訓練

  1. 〔Q132〕社会人大学院に通いたいとの希望に応える義務はあるか?

13 昇進・昇格・降格

  1. 〔Q133〕賃金額の時期的不公平を調整するための賃金減額
  2. 〔Q134〕賃金減額を伴う降格の法的枠組み

14 配転・出向・転籍

  1. 〔Q135〕テレワークに関する鶴の一声と就業規則の整備
  2. 〔Q136〕会社側の経営判断と裁判所の合理性・相当性判断
  3. 〔Q137〕配転と懲戒処分
  4. 〔Q138〕配転をめぐる紛争は増加するか
  5. 〔Q139〕単身赴任と労働者の人権
  6. 〔Q140〕出向と労働者供給事業の区別
  7. 〔Q141〕出向命令権の存否の判断における労働者の不利益への配慮
  8. 〔Q142〕在籍出向の場合の均等・均衡待遇
  9. 〔Q143〕出向期間中の行為に対する懲戒権の所在

15 休  職

  1. 〔Q144〕短時間労働者への病気休職制度
  2. 〔Q145〕休職期間中の休暇・休業取得の可否
  3. 〔Q146〕病気休職期間中の産休・育休の取扱い
  4. 〔Q147〕長期の傷病休職と年休発生要件の出勤率の算定
  5. 〔Q148〕傷病休職期間中の産休・育休時の復職許可診断書提出要求
  6. 〔Q149〕リハビリ出勤の規定について
  7. 〔Q150〕リハビリ勤務中の安全配慮義務
  8. 〔Q151〕病気休職期間の長さと解雇・退職扱いの合理性
  9. 〔Q152〕傷病休職満了時の解雇・退職扱いをめぐる問題

16 企業組織の変動

  1. 〔Q153〕合併後の労働条件の併存
  2. 〔Q154〕合併の際の企業型確定拠出年金への移換
  3. 〔Q155〕事業譲渡の際の労働条件の承継について
  4. 〔Q156〕会社分割の際の労働者の同意
  5. 〔Q157〕会社分割後の承継元企業での整理解雇
  6. 〔Q158〕承継事業の主従事労働者の承継に異議申出権がないこと

17 懲  戒

  1. 〔Q159〕懲戒処分の公表の可否と方法
  2. 〔Q160〕事実調査と被害者のプライバシー
  3. 〔Q161〕固有権説か契約説か?
  4. 〔Q162〕懲戒処分について本人の同意を得ることの意味
  5. 〔Q163〕有期雇用労働者の期間途中の懲戒解雇・普通解雇
  6. 〔Q164〕罪刑法定主義類似の諸原則の法的性格
  7. 〔Q165〕罪刑法定主義「類似」の諸原則
  8. 〔Q166〕非違行為の事実調査期間中の取扱い
  9. 〔Q167〕「諭旨解雇」という言葉について
  10. 〔Q168〕諭旨退職と企業型確定拠出年金の事業主掛金の返還請求の可否
  11. 〔Q169〕懲戒解雇と予備的な普通解雇の意思表示
  12. 〔Q170〕懲戒解雇と予備的な普通解雇の意思表示の理由の明示
  13. 〔Q171〕痴漢行為と懲戒処分
  14. 〔Q172〕複数組合併存下での組合活動の容認
  15. 〔Q173〕泥酔して会社の情報機器を紛失した場合の処分の可否

18 賃  金

  1. 〔Q174〕日本の賃金体系と「同一労働同一賃金」原則の趣旨
  2. 〔Q175〕管理監督者の欠勤による賃金減額
  3. 〔Q176〕賞与の将来に向けた勤労奨励的性格について
  4. 〔Q177〕賞与や退職金の法的性質と不支給決定
  5. 〔Q178〕ポイント制退職金の法的性格
  6. 〔Q179〕退職金は賃金後払いなのか?
  7. 〔Q180〕基本給の増額と退職金制度の改定について
  8. 〔Q181〕非違行為と過去の功績
  9. 〔Q182〕ポイント制退職金の制度設計
  10. 〔Q183〕賃金減額を行う方法
  11. 〔Q184〕一旦確定した賃金の減額の可否
  12. 〔Q185〕休業手当(労基法26条)は賃金か?
  13. 〔Q186〕通貨払原則の例外としての労働協約
  14. 〔Q187〕振替休日の付与と賃金全額払原則(その1)
  15. 〔Q188〕振替休日の付与と賃金全額払原則(その2)
  16. 〔Q189〕自社製品の強制購入について
  17. 〔Q190〕企業型確定拠出年金と賃金全額払原則
  18. 〔Q191〕出来高払いの保障給の水準
  19. 〔Q192〕コロナ禍の営業自粛と休業手当
  20. 〔Q193〕解雇期間中の賃金と中間収入の償還

19 労働時間

  1. 〔Q194〕労働時間性についての解釈の違い
  2. 〔Q195〕在席していない時間の「労働時間」についての取扱い
  3. 〔Q196〕仮眠時間・不活動時間の労働時間性
  4. 〔Q197〕工事現場に向かう移動時間の労働時間性
  5. 〔Q198〕管理監督者についての労働時間適正把握
  6. 〔Q199〕法定休日の振替
  7. 〔Q200〕法定休日の特定
  8. 〔Q201〕副業・兼業と時間外労働命令権の衝突
  9. 〔Q202〕出来高給と国際自動車事件判決
  10. 〔Q203〕定額残業代の意義と判例による規律
  11. 〔Q204〕国際自動車事件最高裁判決をめぐる解釈
  12. 〔Q205〕割増賃金控除払方式による算定基礎賃金の変動?
  13. 〔Q206〕1か月単位の変形労働時間制の勤務時間変更の可否
  14. 〔Q207〕事業場外労働のみなし制と就業規則
  15. 〔Q208〕労使委員会の決議事項としての不利益取扱い禁止の効力

20 年次有給休暇

  1. 〔Q209〕年休付与義務の法的性格
  2. 〔Q210〕年休付与義務についての使用者の責任
  3. 〔Q211〕年休付与義務の年途中退職者についての取扱い
  4. 〔Q212〕年休期間中の賃金の定め方
  5. 〔Q213〕年休取得の妨害と損害賠償請求
  6. 〔Q214〕年休の消滅時効
  7. 〔Q215〕退職者の年休買取りの適法性をめぐる解釈

21 労働安全衛生

  1. 〔Q216〕化学物質の管理等において社労士が果たすべき役割
  2. 〔Q217〕労安衛法上の時間外・休日労働時間の算定
  3. 〔Q218〕「労働時間」と「健康管理時間」等

22 労働災害の補償

  1. 〔Q219〕取締役等として働く人間を保護する法律は?
  2. 〔Q220〕メリット制と事業主による取消訴訟の可能性
  3. 〔Q221〕労働災害に労災保険を適用しないこと
  4. 〔Q222〕公共交通機関での事故の労災認定
  5. 〔Q223〕副業・兼業に対する法的対応
  6. 〔Q224〕労災保険と労災民訴
  7. 〔Q225〕安全配慮義務違反と労災保険給付との関係
  8. 〔Q226〕コロナ陽性者の在宅勤務と安全配慮義務
  9. 〔Q227〕メンタルヘルス不調と上司等の監督責任
  10. 〔Q228〕安全配慮義務違反についての役員の責任

23 年少者の保護

  1. 〔Q229〕成年年齢の18歳への引下げと労基法の年少者規制

24 女性の保護(母性保護)

  1. 〔Q230〕育児時間の保障に例外は認められないのか?

25 育児・介護等の支援

  1. 〔Q231〕有期雇用労働者の育児休業からの除外に関する労使協定
  2. 〔Q232〕法律改正と就業規則の改定手続
  3. 〔Q233〕産後パパ育休期間中の就業について
  4. 〔Q234〕「○○を理由とする不利益取扱い」の禁止の判断
  5. 〔Q235〕有期雇用労働者の産休・育休期間中の雇止め
  6. 〔Q236〕不利益取扱いの禁止をめぐる厚生労働省の見解
  7. 〔Q237〕不利益取扱いの禁止と公序違反性の判断
  8. 〔Q238〕賞与支給に関する不利益取扱い

26 外国人雇用

  1. 〔Q239〕外国人労働者受入れ政策の方向性について
  2. 〔Q240〕外国人受入れをめぐる問題と方向性
  3. 〔Q241〕「第2号技能実習」を経た「特定技能1号」への移行
  4. 〔Q242〕特定技能制度による外国人受入れの拡大方針について
  5. 〔Q243〕外国人労働者に雇用保険を適用することの矛盾?
  6. 〔Q244〕外国人労働者への社会保険の適用

27 障害者雇用

  1. 〔Q245〕事業主の合理的配慮措置義務違反の私法上の効果

28 知的財産・知的情報の保護

  1. 〔Q246〕就業規則の閲覧・交付と労働条件明示

29 労働関係の終了

  1. 〔Q247〕行政による解雇予告除外認定の私法上の効力
  2. 〔Q248〕解雇禁止期間と雇止め
  3. 〔Q249〕労基法19条の業務上傷病の判断と労災申請の要否
  4. 〔Q250〕休職期間満了による「解雇」か「退職」か
  5. 〔Q251〕私傷病による能力の低下と解雇の合理性
  6. 〔Q252〕能力不足を判断する「職務」の範囲
  7. 〔Q253〕高齢者を解雇の人選対象とすること
  8. 〔Q254〕解雇の金銭解決制度の展望
  9. 〔Q255〕辞職の申出期間に上限はあるのか?
  10. 〔Q256〕辞職と年次有給休暇の取得
  11. 〔Q257〕有期労働契約の期間途中解約が認められる「やむを得ない理由」
  12. 〔Q258〕合意解約の成立の時期

30 高齢者・若者雇用

  1. 〔Q259〕高齢化と日本の労働政策の方向性
  2. 〔Q260〕定年延長と60歳以降の賃金の水準について
  3. 〔Q261〕高齢者の雇用継続制度の展望
  4. 〔Q262〕高年齢者の人事労務管理のあり方について
  5. 〔Q263〕継続雇用移行時の変更提案と拒否時の手続き
  6. 〔Q264〕高年齢者就業確保措置における「業務委託」の位置づけ

31 労働組合

  1. 〔Q265〕日本の労働組合と労使関係の特徴
  2. 〔Q266〕企業や産業を超えた組合活動の可能性
  3. 〔Q267〕労働組合がない企業における従業員との話合い
  4. 〔Q268〕労働組合のない中小企業での社労士の役割
  5. 〔Q269〕地域合同労組(コミュニティ・ユニオン)の実態と役割
  6. 〔Q270〕自主性を欠く労働組合
  7. 〔Q271〕使用者の「利益代表者」の範囲
  8. 〔Q272〕派遣会社から労働組合への組合事務員の派遣と経費援助
  9. 〔Q273〕労働組合の目的と役割
  10. 〔Q274〕チェック・オフ協定の「過半数」要件
  11. 〔Q275〕支払委任契約なしでもチェック・オフは有効に成立するか
  12. 〔Q276〕転籍による組合員資格の帰趨
  13. 〔Q277〕ユニオン・ショップの合理性・有効性
  14. 〔Q278〕ユニオン・ショップ協定無効論への不安

32 団体交渉

  1. 〔Q279〕労働争議における社労士の役割
  2. 〔Q280〕社労士が労使紛争の解決にあたりできること
  3. 〔Q281〕社労士の団体交渉代理権取得への道
  4. 〔Q282〕個別労働条件を交渉事項とした団体交渉
  5. 〔Q283〕団交を拒否する「正当な理由」の判断
  6. 〔Q284〕訴訟提起と団体交渉

33 団体行動

  1. 〔Q285〕集団的労使関係法のモデルと今後の選択肢

34 不当労働行為

  1. 〔Q286〕労働組合の不当労働行為制度の必要性?
  2. 〔Q287〕労働委員会と裁判所の判断の違い
  3. 〔Q288〕労使慣行の破棄に関する労働委員会と裁判所の判断
  4. 〔Q289〕労働委員会による行政救済制度の見直しの必要性

35 雇用仲介事業規制

  1. 〔Q290〕ハローワークの職業紹介と職業選択の自由
  2. 〔Q291〕募集情報等提供事業者への届出制等の導入

36 雇用保険法

  1. 〔Q292〕高年齢雇用継続給付の今後
  2. 〔Q293〕助成金の不正受給問題

37 職業能力開発・求職者支援

  1. 〔Q294〕キャリアコンサルタントの展望

38 特定分野の雇用促進政策

  1. 〔Q295〕「第2のセーフティネット」と法律のネーミング

39 適用法規と裁判管轄

  1. 〔Q296〕国際的な労働関係に適用される法律の決定

40 国際労働基準

  1. 〔Q297〕国際労働基準の意義

41 行政による紛争解決

  1. 〔Q298〕和解による紛争解決の実情

42 裁判所による紛争解決

  1. 〔Q299〕日本はなぜ裁判所利用率が低いのか?
  2. 〔Q300〕判例と下級審判決