『社会科学研究』

第50巻第2号(1999-02-24発行)

特集 国際化と政治学

特集号の目的
樋渡展洋
国際レジーム形成に関する認識論的アプローチの可能性と限界:気候レジーム形成を事例として
山田高敬
Some Thoughts on Political Science, Science and Technology in the 21st Century
LEWIS, Jonathan
国際政治学における分析レベルの問題
石田淳
資本移動の増大と国際関係:「国家の自律性」の低下をめぐる議論を手掛かりとして
古城佳子
福祉国家の税収構造の比較研究:経路依存性と合理性をめぐる一考察
加藤淳子
政治改革運動と戦後政党制の変容:イタリアと日本の比較
樋渡展洋

論説

要求払い預金の最適性
清水克俊

研究動向

宇野重規『デモクラシーを生きる:トクヴィルにおける政治の再発見』
平石直昭・平島健司

お問い合わせ

東京大学 社会科学研究所

紀要編集委員会/総務チーム研究協力担当

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

Tel 03-5841-1855(研究協力担当)
Fax 03-5841-4905
Email kenkyu-kikaku@iss.u-tokyo.ac.jp

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。