『社会科学研究』

第65巻第2号(2014-03-31発行)

(更新日: 2014年 03月 31日)

特集 「グローバル化と公法・私法の再編」

タイトル 著者 ページ PDF
特集「グローバル化と公法・私法の再編」序文
Introduction
藤谷武史
FUJITANI Takeshi
1 - 8
PDF
(1.17 MB)
グローバル化時代の公法・私法関係論
Public- and Private Law Partnership in the Globalized World
原田大樹
HARADA Hiroki
9 - 34
PDF
(1.40 MB)
「議会」留保と「本会議」留保 ― グローバルな政策決定と議会の自律的組織権に関する序論的考察
Parlamentsvorbehalt und Plenarvorbehalt
村西良太
MURANISHI Ryota
35 - 56
PDF
(1.34 MB)
グローバル行政法とアカウンタビリティ――国家なき行政法ははたして,またいかにして可能か――
Global Administrative Law and Accountability: How Can Administrative Law Exist without the State?
興津征雄
OKITSU Yukio
57 - 88
PDF
(1.38 MB)
私法理論から法多元主義へ ―法のグローバル化における公法私法の区分の再編成―
From the theory of private law to legal pluralism -Reconstruction of the public/private law distinction in globalized law-
浅野有紀
ASANO Yuki
89 - 112
PDF
(1.38 MB)
グローバル化は法概念の改訂を求めているか?
Does Globalism Require Revising Concept of Law?
那須耕介
NASU Kosuke
113 - 128
PDF
(1.36 MB)
グローバル化時代の抵触法
Conflict of Laws in the Era of Globalization
横溝大
YOKOMIZO Dai
129 - 142
PDF
(1.38 MB)
グローバル化による近代的国際/国内法秩序枠組みの再編成 ――カディ事件を契機とした試論的考察――
Restructuring of the Modern Framework of National and International Legal Orders through Globalization; Beyond the Kadi I ECJ Judgment
小畑郁
OBATA Kaoru
143 - 156
PDF
(1.36 MB)
グローバル化時代の移民法制と家族の保護 -家族呼び寄せ指令とドイツの新移民法制-
Migration law and family protection in an era of globalization. Family reunion directive and new migration law in Germany.
大西 楠・テア
OHNISHI Nami Thea
157 - 184
PDF
(1.41 MB)
マルチレベル・ガバナンス における民主的正統性 と公私再定義 ―ステークホルダー・デモクラシーのグローバルな実現へ向けて ―
Democratic Legitimacy and Redefinition of the Public/Private Distinction in Multi-level Governance: Toward Global Stakeholder Democracy
松尾隆佑
MATSUO Ryusuke
185 - 206
PDF
(1.39 MB)
グローバル化と公法・私法の再編 ― グローバル化の下での法と統治の新たな関係?
A Renewed Formation of Public and Private Laws under the Globalization – Reformulating the Concept of Law vis-à-vis Global Governance
藤谷武史
FUJITANI Takeshi
207 - 229
PDF
(1.42 MB)
執筆者紹介
Contributors
 
 
     
PDF
(1.28 MB)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。