『社会科学研究』第65巻第2号

グローバル化時代の公法・私法関係論
Public- and Private Law Partnership in the Globalized World
原田大樹/HARADA Hiroki

Keywords: グローバル化,公法・私法,抵触法,正統性,行政連携

抄録

公法・私法関係論は行政法学の存立に関わる極めて重要な理論的課題として,常に議論されてきた。我が国においては戦後,技術的な意味においても理論的な意味でも公法・私法二元論が弱体化し,社会問題の解決にあたって行政法と民事法の手法を組み合わせて用いるべきことが説かれている。しかし,この発想をグローバルレベルに単純に延長することはできない。グローバルレベルへの拡張のためには,抵触法的解決の可能性が模索され,裁判官が自国法以外の法を解釈・適用して民事紛争を解決することが許容されなければならない。しかし,国際私法が前提にしている各国私法の交換可能性は,政策実現のための法としての色彩が強い行政法には妥当しない部分が多い。また,グローバルな政策基準は民主政的正統化が十分にはなされていない。本稿ではこの2つの問題に焦点を当て,ドイツの国際的行政法論を素材に,グローバル化時代に要請される国家の役割を素描した。

abstract

It has been consecutively argued as one of the fateful academic problems for administrative law scholars how the relationship between public and private laws should be handled. After the Administrative Court was abolished, the Supreme Court has a tendency towards faithful interpretations of administrative legislation attaching importance to its purpose, which has led to weaken strict division of the two. Now at last the scholarship places emphasis on the cooperative relationship between them in order to solve social problems.
It seems to be difficult, however, to extend this idea simply to the globalized administrative process, because problems of the conflict and the democratic legitimacy of laws should be first of all solved. In this article the relationship between them in the globalized era is considered using German “Internationales Verwaltungsrecht” as a clue, which is still stressed on the importance of the nation state for resolving problems which are provoked by global governance systems.

社會科學研究 第65巻 第2号(2014-03-31発行)

(更新日: 2014年 03月 31日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。