『社会科学研究』

第58巻第2号(2007-02-02発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

特集 法の変革―希望としての法原理を求めて

タイトル 著者 ページ PDF
序文
Introduction
広渡清吾
HIROWATARI Seigo
1-4
PDF
(191kb)
司法の位置づけと立憲主義の日本的位相―裁判官報酬減額問題から考える―
Locus of Jud iciary and Constitutionalism in Jap an-Viewing from Recent Jud icial Remuneration Decrease Cases-
馬場健一
BABA Ken-ichi
5-38
PDF
(1.84Mb)
ポスト・ジェンダー期の女性の性売買―性に関する人権の再定義―
Sex Trafficking of Women in the Post-Gender Era : Rede五ningHuman Rights Regarding Sex
中里見博
NAKASATOMI Hiroshi
39-69
PDF
(1.63Mb)
医学研究と患者の「人格権」:人体実験におけるインフォームド・コンセントが意味するもの
Medical Research and “Personal Rights" of the Patien
仲正昌樹
NAKAMASA Masaki
71-91
PDF
(1.09Mb)
反論権再考
Right of Reply Reconsidered
染谷学
SOMEYA Manabu
93-123
PDF
(1.60Mb)
魯迅の描く「人」と届かない「声」,そして法
The man whom Lu Hsun writes about and the voice which the man can not understand. and in addition the law
松田恵美子
MATSUDA Emiko
125-160
PDF
(1.82Mb)
現代における「希望」の在処―ハンナ・アーレントと「想起の政治」―
Origins of Hope -Hannah Arendt and Politics of Rememberance
岡野八代
OKANO Yayo
161-182
PDF
(1.08Mb)

論説

タイトル 著者 ページ PDF
電力自由化とエネルギー・セキュリティ―歴史的経緯を踏まえた日本電力業の将来像の展望―
Historical Lessons for the Liberalization of the Electric Power Industry in Japan
橘川武朗
KIKKAWA Takeo
183-204
PDF
(1.14Mb)

書評

タイトル 評者 ページ PDF
ポストナショナルな統治体の動態的把握のために―中村民雄編「EU研究の新地平」からの示唆―
Exploring the Dynamics of Post-national Governance: Toward and Beyond NAKAMURA Tamioed,"New Horizons ofthe EU Research"
網谷龍介
AMIYA-NAKADA Ryosuke
205-213
PDF
(580Kb)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。