『社会科学研究』

第61巻第3・4合併号(2010-03-10発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

特集 日本における「都市法」論の生成と展望

タイトル 著者 ページ PDF
序 : 「都市法」論のさらなる展開に向けて
Introduction : Looking forward to developing the Arguments over the "Urban Planning Law"
原田純孝
HARADA Sumitaka
1 - 4
PDF
(387Kb)
「土地法」から「都市法」への展開とそのモメント
Die Bedeuturg der Wandelung vom Bodenrecht zum Stadtebaurecht
高橋寿一
TAKAHASHI Juichi
5 - 25
PDF
(1.86Mb)
「現代都市法論」の特徴と行政法学への影響
An essential element in Modern urban law theory and Administrative law
見上崇洋
MIKAMI Takahiro
27 - 48
PDF
(1.92Mb)
都市空間形成の理論的検討 : 経済学から都市法論を見る
A Theoretical Consideration on the Formation of Urban Space
山田良治
YAMADA Yoshiharu
49 - 72
PDF
(2.08Mb)
地方都市の土地利用の動向と都市法制の方向 : 新潟市を例に
Land use tendency in the Japanese local city and the course of urban planning law : a case of Niigata City
寺尾仁
TERAO Hitoshi
73 - 98
PDF
(2.63Mb)
人口減少時代における不動産契約法理論の試論 : 沖縄県・波照間島と奈良県・今井町での空き家問題のフィールド調査から
Essay for the theory of the contract law on real estate in the era of population decreasing
高村学人
TAKAMURA Gakuto
99 - 138
PDF
(3.95Mb)
都市空間管理をめぐる私益と公益の交錯の一側面 : 行訴法10条1項「自己の法律上の利益に関係のない違法」をめぐって
Interaction of private and public interests in urban space management : On the Administrative Case Litigation Act Art. 10 para. 1
角松生史
KADOMATSU Narufumi
139 - 159
PDF
(1.96Mb)
都市計画の制度改革と「都市法学」への期待
The Reform of the City Planning System and the Expectation to 'Urban Law'
渡辺俊一, 有田智一
WATANABE Shun-ichi J., ARITA Tomokazu
161 - 205
PDF
(4.14Mb)
都市法研究の軌跡と展望 : 共同研究会の討議記録
The Past Path and Future Perspectives of
the Research of Urban Planning Law :
The Record of Research Group Discussion
原田純孝, 高橋寿一, 高村学人, 山田良治,
角松生史, 見上崇洋, 寺尾仁

HARADA Sumitaka, TAKAHASHI Juichi, TAKAMURA Gakuto,
YAMADA Yoshiharu, KADOMATSU Narufumi, MIKAMI
Takahiro, TERAO Hitoshi
207 - 237
PDF
(2.91Mb)

資料紹介

タイトル 著者 ページ PDF
資料 :都市法研究会の活動記録
Appendix : The Activity Record of the Urban Planning Law Research Group
原田純孝
HARADA Sumitaka
239-262
PDF
(2.18Mb)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。