『社会科学研究』第65巻第2号

グローバル行政法とアカウンタビリティ――国家なき行政法ははたして,またいかにして可能か――
Global Administrative Law and Accountability: How Can Administrative Law Exist without the State?
興津征雄/OKITSU Yukio

Keywords: グローバル行政法,アカウンタビリティ,多元主義,正統性,合法性

抄録

グローバル行政法は,集権的な統治機構の存在しない世界において,国境を超えた諸課題に対応するための諸々の主体の相互作用の過程ないし枠組みとしてのグローバル・ガヴァナンスを,行政法の対象である行政と捉え,アカウンタビリティを基軸とする手続的な法原理によって規律しようとする規範構想である。ここでいうアカウンタビリティは,日本で情報公開法制と結びつけて理解された説明責任(責務)とは異なり,答責者(行為者)が自らの行為・決定について問責者に対し説明・正当化をすべき義務と理解される。行政法におけるアカウンタビリティは,政治的・行政的手段によって正統性を,法的手段によって合法性を確保することに資する。しかし,グローバル行政空間においては,グローバル行政主体が誰に対して,何を基準としてアカウンタビリティを負うかが自明ではない。グローバル行政法の主唱者のうち,キングズベリーは,(公)法の概念に公共性の要請を埋め込むことで,合法性と正統性の問題に同時に答えようとし,クリシュは,多元主義の秩序構想を唱えて動態的な秩序形成過程を描き出した。

abstract

 Global administrative law is the body of rules and principles that assure the accountability of global governance, considered as administration, where regulatory functions are carried out by various public, private, and hybrid public-private organizations and networks without a centralized government. The concept of accountability is defined as the relationship between an account holder and an accounter, in which the latter has the obligation to explain and justify his or her action to the former. When applied to administration, political and administrative accountability ensures its legitimacy by referring in fine to the public and legal accountability its legality by referring to law. In global governance, however, it is unclear to whom or to what global administrative bodies should be accountable because of the absence of a global public and a unified legal order. While Benedict Kingsbury, one of the founders of global administrative law, tries to solve the problem of both legitimacy and legality by adding the normative element of publicness to the concept of (public) law, Nico Krisch, another of its advocates, describes a dynamic process of establishing a pluralist order of global governance.

社會科學研究 第65巻 第2号(2014-03-31発行)

(更新日: 2014年 03月 31日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。