『社会科学研究』第56巻第2号

平成ヤクザ―バブル崩壊と暴対法―
Heisei Yakuza : Burst Bubble and Botaiho
ピーター・ヒル/Peter Hill

Keywords: やくざ, 暴力団, 暴対法, 組織犯罪, バブル崩壊,

抄録

本論は,1989年に「昭和」という時代が終ったあとに生じた,ヤクザ(暴力団)の企業活動の発展を探るものである.平成以降,ヤクザは,彼らの経済環境に大きな影響をあたえた二つの出来事と格闘してきた.その出来事とは,バブル経済の崩壊と1992年の暴対法(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」)の施行である.バブル崩壊以後の経済不況のもとで,ヤクザは金になる事業を奪われたが,その分他の手段で補った.暴対法は,合法とされたヤクザの行為に新しい規制を加えたため,従来の行為による事業は高くつくことになったが,団員たちは新しい収入源の開拓に向うようになった.とりわけ,バブル経済と暴対法のダブルパンチヘの対応として増えたのが,覚せい剤取引や窃盗団であった.本論は,経済的な困難が長引くと,これまで彼らの世界を安定させてきた組織内あるいは組織間のメカニズムが弱体化するであろうという結論を導く.

abstract

This paper explores developments in the business activities of the yakuza/boryokudan (Japan's organized crime syndicates) following the end of the Showa period in 1989. Since then, the yakuza have had to contend with two events which have had profound effects on their economic environment : the collapse of Japan's bubble economy right at the beginning of the new era, and the introduction of the boryokudan countermeasures law (Botaiho) in 1992. Whilst post-bubble economic stagnation has deprived the yakuza of many lucrative opportunities, it has compensated them with others. The Botaiho, by imposing new restrictions on formerly legal yakuza activities, made these sources of income more costly and thereby similarly forced gang-members to develop new sources of income. In particular, amphetamine dealing and organized theft rings have grown in response to the 'double punch'of the bubble and the Botaiho. The paper concludes by suggesting that the continuing economic hardship faced by the yakuza is weakening the intraand inter-organizational mechanisms by which they have tried to stabilize their world.

社會科學研究 第56巻 第2号(2005-02-07発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。