『社会科学研究』第59巻第5・6合併号

カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジにおける職業訓練プログラム ― 福祉受給者向けプログラムを中心に―
The Job training in California Community Colleges : The Case of Programs for Welfare Recipients
久本貴志/HISAMOTO Takashi

Keywords: 就労最優先アプローチ, 人的資本アプローチ, キャリア・ラダー, 労働力仲介機関, CCCCalWORKsプログラム,

抄録

 本稿の課題は,カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジの労働力仲介機関としての機能の分析である.1996年福祉改革をはじめとする1990年代のアメリカ福祉の再編の過程で,ワークフェアのなかの就労最優先アプローチが強まっている.しかし,連邦レベルではなく地域レベルでみると,連邦レベルの就労最優先アプローチの政策に従いつつも,そのなかで最大限に訓練や教育を活用する人的資本アプローチの方策がとられていることがわかる。その訓練や教育の担い手の一つがコミュニティ・カレッジなのである。他方で,近年,低賃金労働者やワーキング・プアに焦点があてられて,そうした人々のキャリア・ラダーの欠如が問題とされている。本稿ではCCCCalWORKsプログラムを事例として取り上げた.CCCCalWORKsプログラムは,包括的な支援を行い,参加者のキャリア・ラダーを構築するという点では,限界はあるものの一定の成果はあったと評価できた。

abstract

The purpose of this paper is to analyze the role of community colleges as work force intermediaries. The 1990's American welfare restructuring, especially the 1996 welfare reform, strengthened the work-first approach. However, if we look at the local level rather than the federal level, we see that while using a work-first approach, important use has also been made of a human capital approach using training and education. Supporting the training and education approach are community colleges. They have recently focused on low-wage workers and the working poor, but a problem is that these workers have no career ladders. In this paper, I have covered the CCCCalWORKs Program. The CCCCalWORKs program provides comprehensive support, and has had, despite its limits, some success in terms of building career ladders.

社會科學研究 第59巻 第5・6合併号(2008-03-21発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。