『社会科学研究』第61巻第1号

『東アジア共同体憲章案』の構想 : 共通法秩序樹立へ向けた政治協力慣行の進化
A Basic Conception of "Draft Charter of an East Asian Community" : Evolving Customary Political Coordination Towards an East Asian Legal Order
臼井陽一郎/USUI Yoichiro

Keywords: 東アジア共同体, 規範, ガバナンス, 依頼人(プリンシパル)と代理人(エージェント),

抄録

 本稿は『東アジア共同体憲章案』(昭和堂)に対する3つの批評論文から, 本質論と具体論を選択的に抽出して, そのそれぞれに応答を試みようとするものである. 本質論は, 東アジア共同体がそもそもいかなるもので, 誰のための共同体でありえるのかという問いかけで, 具体論は, 構成国の政治の思惑, 共同行動リストの適切性, 共同体機関の実力に関わる議論である. これに対して本稿は, 『東アジア共同体憲章案』が東アジア共通法秩序樹立を遠く将来に望む制度の苗床を作ろうとするものであることを強調した上で, この苗床を舞台に共同体次元の政治協力慣行が進化していく可能性について考察を深めつつ, 応答を試みていく.

abstract

The paper replies to three critical review articles addressing "The Draft Charter of an East Asian Community" (published by Showado in 2007). From arguments of these three articles, the paper picks up two essential questions and three practical issues. Essential questions are: 1) What does the proposed Community mean in essence?; and 2) Whom the Community care for in the end? Three issues are: 1) political motivations of member states; 2) policy areas pursued by the Community; and 3) organizational capability of Community organs. In considering these topics, the paper sheds light upon the basic aim of the Draft Charter, that is to set up an institutional incubator for future establishment of an East Asian legal order, and then the paper underlines prospective customary practices of informal political coordination in this institutional incubator, on the basis of which we can expect normative evolution of politics at the community level.

社會科學研究 第61巻 第1号(2009-12-24発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。