『社会科学研究』第61巻第2号

補完的技術における技術選択とクロスライセンス契約
Technology Choice and Cross-Licensing under Complementary Technologies
大川隆夫, 新海哲哉, 岡村誠/OHKAWA Takao, SHINKAI Tetsuya, OKAMURA Makoto

Keywords: 補完的技術, 技術選択, 費用削減技術, クロスライセンス, クールノー複占,

抄録

 本稿では, 補完的な2技術(技術AおよびB)が存在している状況下で, 複占企業がそれらの技術を選択する場合, いかなる技術選択が生じるのか, 加えて, 両企業がクロスライセンス契約を結ぶ可能性があるのか否かということを, 簡単なモデルを構築して分析する. 本稿の主な結論は以下の通りである. (1)両技術問の補完性が強い時, 技術開発を行う企業は決して技術AあるいはBだけを開発することはない. 一方, この補完性が弱い時, 技術AあるいはBのみが開発される可能性が生じ, 補完性が弱くなればなるほど, 更なる技術の開発を企図しない傾向が強くなる. (2)補完性が強い時, 開発費用が低水準でなければ, クロスライセンス契約は結ばれないが, 補完性が弱い時, 開発費用の水準が中程度であっても, クロスランセンス契約が結ばれる. しかも, 補完性が弱く場合なればなるほど, 開発費用がより高水準であってもクロスライセンス契約が結ばれる傾向が高まる.

abstract

Our paper aims at investigating technology choice without cross-licensing and possibility of cross-licensing agreement by constructing the duopolistic model where complementary cost-reducing technologies (technologies A and B) can be developed. Our model is regarded as an amalgam of Mills and Smith (1996)'s model and Gonzalez-Maestre (2008)'s one. Our main results are as follows: (1) If the degree of complementarities between two technologies is strong, then both firms do not develop technologies A or B solely; otherwise, then they may do so. Note that in the case where the degree is quite weak and the level of development cost is medium, they develop one of two technologies solely. (2) An increase in the degree of complementarities tends to deteriorate the cross-licensing agreement. Especially, two firms disagree cross-licensing when the degree is strong and development cost is not low.

社會科學研究 第61巻 第2号(2010-01-27発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。