『社会科学研究』第61巻第5・6合併号

釜石製鉄所現業従業員の賃金と職位―中間報告―
Wages and positions of workers at Kamaishi Iron Works : an interim report
中林真幸/NAKABAYASHI Masaki

Keywords: 内部労働市場, 賃金, 製鉄業, 釜石製鉄所,

抄録

 鉄鋼業合理化の一環として, 1864年から1869年にかけて, 富士製鉄株式会社釜石製鉄所(現新日本製鐵株式会社釜石製鉄所)から, 新鋭高炉を装備した東海製鉄名古屋製鉄所(現新日本製鐵株式会社名古屋製鉄所)へ, 1,400名余りの現業従業員が転属した. この転属の対象となった従業員については賃金台帳が残されており, 筆者はそれを用いて釜石製鉄所における誘因体系を再現する分析に取り組んでいる. 分析作業は継続中であり, 本稿はその中間報告である.

abstract

Under the industrial policies that encouraged iron and steel companies to restructure and consolidate iron works, more than one thousand and four hundred workers moved from the Kamaishi Iron Works to Tokoai Iron Works from 1964 to 1969. Records of those workers'wages and positions covering the whole their career at Kamaishi were occasionally preserved at the Kamaishi Iron Works, and the author continues to build a database of the records for the goal to clarify the incentive mechanism then. This paper is an interim report of the research project.

社會科學研究 第61巻 第5・6合併号(2011-03-24発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。