『社会科学研究』第62巻第2号

外部性の解決:補償メカニズムとその安定性
The Compensation Mechanism and its Stability
加藤晋/CATO Susumu

Keywords: 外部位, 補償メカニズム, 安定住, 合理性,

抄録

 本稿では, Varian (1994,1995)が提案した補償メカニズムの制度的構造を論じる.このメカニズムは,各経済主体から適切に情報を収集しつつ部分ゲーム完全均衡において効率的配分を達成するうえ,均衡経路において予算をパランスさせることが知られており,外部不経済による非効率性を解決する手段として非常に有効である.われわれは,補償メカニズムの基本的な機能を明らかにし,各経済主体の合理的意思決定に基づくクールノー的模索過程を構成してメカニズムが安定的であるための条件を導く.

abstract

This paper examines the compensation mechanism proposed by Varian (American Economic Review 84, 1278-1293, 1994). I first explain a fundamental property of the compensation mechanism, and then provide a sufficient condition for the Cournot stability.

社會科學研究 第62巻 第2号(2011-03-15発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。