『社会科学研究』第62巻第5・6合併号

中国法特集に寄せて
论劳动合同法的立法依据和法律定位
常凱

Keywords: 中国, 労働契約法, 労働関係, 労働市場, 労働法,

抄録

 本稿は, 中国労働契約法の立法根拠と法体系上の位置づけについて分析した. 本稿は, 実施中の労働契約制度において, 契約の不存在, 契約の短期化, 一般的な規律の不存在などの問題が残っており, これらの問題が労働者の利益を侵害し, 労働関係の調和に影響を及ぼしていると考える. 労働関係の現状, とくに既存の労働契約制度に残っている問題が, 労働契約の立法における現実的な根拠である. 労働契約の立法における理論的な根拠は, 労働契約に関する法律制度が規制する労働関係にある. これは従属的な性質をもつ個別の労働関係であって, この労働契約は従属性をもつ契約である. 個別の労働関係の当事者双方は, 対等でなく, バランスのとれていない関係にある. したがって, 中国労働契約法をその法体系上から位置づけるにあたっては, 以下の原則を基本的に堅持しなければならない. 労働者の保護を基本的な根本理念とする中国労働法は, 労働契約の立法における法律上の基本的な根拠であり, 労働契約の立法主旨及びその出発点は, 労働者の保護にあり, 労働契約の立法の社会的機能は, 社会における実質的な公平を追求すること及び労働者と資本家の双方に利することであり, 労働関係の調整においては, 公権力の介入を必ず強調しなければならないことである.

abstract

本文就《劳动合同法》的立法依据和法律定位进行了分析. 本文认为, 劳动合同制度实施中存在的无合同, 合同短期化, 不规范等问题, 严重地侵害了劳动者的权益并进而影响了劳动关系的和谐. 这种劳动关系的现状特别是劳动合同制度实施过程中的存在问题, 是劳动合同立法的现实依裾. 劳动合同立法的的理论依据, 则在于劳动合同法律所规制劳动合同关系, 是一种具有从属性质的个别劳动关系, 劳动合同也是一种从属性的合同. 这是一种不对等和不平衡的关系. 劳动合同立法的基本目的为了实现劳资双方的力量相对平衡, 以实现劳动合同关系长期化和稳定化. 为此, 《劳动合同法》的基本定位应该坚持以下原则 : 以劳动者保护为基本宗旨的《劳动法》应是劳动合同立法的基本的法律依据 ; 劳动合同立法的主旨和出发点是保护劳动者 ; 劳动合同立法的社会功能是追求社会公平, 实现劳资两利 ; 对于劳动关系的调整必须强调公权力的介入.

社會科學研究 第62巻 第5・6合併号(2011-03-24発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。