『社会科学研究』第62巻第5・6合併号

中国契約法における事情変更の原則
论中国合同法的情势变更原则
胡光輝/胡光霎褀

Keywords: 事情変更の原則, 不可抗力, 再交渉義務, 政策調整, 司法解釈,

抄録

 事情変更の原則は, 中国では, 1980年代から注目され始め. 1999年の契約法を制定する過程において, 規定するか否かが, 争点の1つであった. しかし, 学者の間でも立法者の間でも見解の統一が見られず, 結局法案が採択される直前に事情変更の原則を規定する条文が削除された. 最近, 契約法の問題として再び注目されるようになり, 司法解釈の形で「事情変更の原則」を認めるようになった. そこで, 本稿では, 事情変更の原則が「規範」として創設されるまでの立法・学説・裁判例を確認し, 現在の理論・実務の状況について検討を加えることにする.

abstract

在中国, 情势变更原则很早就得到了学者们的普遍承认. 1999年合同法的制定过程中, 草案也明确规定了这一原则, 但由于就是否应该在合同法中规定的问题, 引起了很大的争议. 最终没能取得一致意见, 几经修改的条文被删除了. 2009年4月24日, 最高人民法院发布了"合同法解释(二)", 其中规定了情势变更原则, 引起了学者和实务界的关注. 本文在总结分析了关于情势变更原则的立法, 学说, 案例的基础上, 对现有的理论和实务进行了考察.

社會科學研究 第62巻 第5・6合併号(2011-03-24発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。