『社会科学研究』第63巻第1号

所得格差拡大のメカニズムと教育投資
Mechanism of the income gap expansion and human capital investment
鈴木遼/SUZUKI Ryo

Keywords: 人的資本, 世代重複モデル, 所得格差, ジニ係数,

抄録

 本稿では人的資本蓄積を入れた世代重複モデルを用いて,ある条件のもとで格差の拡大が人的資本の所得に対する収益性に依存することを示した.具体的には,本稿では人的資本への投資が親の資産に依存するモデルを考えた.その結果として教育に対する収穫が不変的な場合は格差が拡大しないが,収穫逓増的な場合は世代間において格差が拡大していき,かつそれが初期時点の所得に依存することを示した.さらに,持続的に消費が拡大するのであれば必ず格差が拡大していき,消費の増加と格差の拡大が,ある種のトレードオフの関係にあることを示した.

abstract

This paper provides a simple OLG model with human capital accumulation to analyze the mechanism of income distribution. In the model we assume that the level of human capital investment depends on parents’ assets. As a result, this paper shows that if the wage is increasing return a widening income gap occurs and present income level depends on the initial endowment. Moreover, we show that if the consumption in the economy is increasing, the income gap between rich and poor expand, in other words, there may be the tradeoff between a widening income gap and a increasing consumption.

社會科學研究 第63巻 第1号(2011-11-01発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。