『社会科学研究』第63巻第2号

浙江省と広東省の産業集積の分布
The Spatial Distribution of Industrial Clusters in Zhejiang and Guangdong Provinces, China
丸川知雄/MARUKAWA Tomoo

Keywords: 中国, 産業集積, 浙江, 広東, 地理情報システム,

抄録

 中国のめざましい産業発展のなかである地域が特定の産業に特化し,地域内で密接な企業間分業が形成される産業集積が各地に誕生している.そうした産業集積のなかには外資系企業の大きな工場のネットワークが複数の市にまたがる形で形成されるものもあれば,一つの鎮のなかで主に内資の民間企業によって形成されるものもある.特に中国の内発的発展を示す後者に対する研究上の関心は従来から高かったが,これまでは研究対象は地方や業界のなかでの評判をもとに恣意的に選択されてきたため,研究対象となった産業集積が中国の産業集積の全体像のなかでどの程度の重要性を持つものなのか判断しにくかった.本稿は2004 年に実施された第1回経済センサスのデータをもとに,「鎮」レベルの小さな地理的範囲に存在し,特定の細かい産業に特化した産業集積の姿を初めて客観的データから確認した.本稿はこの分析手法により中国で産業集積が最も多数あると目される浙江省と広東省の産業集積の全体像をとらえることを試みた.

abstract

Along with the rapid industrial development of China, many industrial clusters whichare specialized in a specific industry have emerged in various parts of the country. Someof such clusters, which are formed by the network of large workshops of multinationalenterprises, may be distributed over several provinces, but many others are concentratedin one or a few townships and formed by domestic private firms. The latter type has attracted the interests of many scholars because it represents the spontaneous development of Chinese industry. However, lacking a general map of industrial clusters, literature has selected the object of in-depth case studies of industrial clusters quite arbitrarily, without knowing the relative importance of each cluster within the Chinese industrial landscape as a whole. With the geographical information data of the 1st Economic Census, conducted in 2004, we can now detect the existence of industrial clusters which exist at the township level. This study is an attempt to draw general maps of industrial clusters in Zhejiang and Guangdong Provinces, which are believed to have the largest number of industrial clusters in China.

社會科學研究 第63巻 第2号(2011-11-15発行)

(更新日: 2012年 11月 2日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。