『社会科学研究』第65巻第1号

世帯に見る家事分担
Household Structure and Division of Housework
不破麻紀子/FUWA Makiko

Keywords: 福井県, 家事分担, 三世代同居世帯, 核家族世帯, 女性の就業,

抄録

 本稿では、女性の正規雇用率が高く、三世代同居率も高い福井県において世帯内の家事労働がどのように分担されているか、2006年の社会生活基本調査と「福井の希望と社会生活調査」データを用いて検討した。分析からは、福井県では共稼ぎ世帯の女性の2次活動時間(就業や家事時間)が長いことが明らかになった。この負担の大きさは労働過重や過労などの健康上の問題はもとより、趣味やボランティアなどの社会活動の阻害につながる恐れもあり、女性の社会参加の視点からも改善が必要な課題である。また、福井県の世帯においても妻が家事の大半を担っていることが示されたが、三世代同居世帯においては、母親の家事が重要な役割を担っており、既婚女性の継続的な就業の重要な支えになっていることが示された。夫の家事参加については、妻の常勤や未就学児が夫の家事貢献に与える効果が、親世代と同居している場合には抑制される一方、妻の相対的収入の効果は親との同居によって弱められず、夫の家事貢献を高めることも明らかになった。

abstract

This paper examines the division of housework in Fukui Prefecture, where women's full-time employment and multigenerational household rates are high as compared to other prefectures. Research results indicate that (for Fukui Prefecture) total working hours of employed women (labor market and household work) are longer than those of men. Chronic overwork can be problematic because it not only tends to be associated with health risks but also may limit social participation. The results also suggest that while wives perform majority of the housework (as in other prefectures in Japan), housework by mothers (either the parent or in-law of the respondent) in multigenerational households comprises a large proportion of housework. Continuous employment of married women in Fukui Prefecture can be partly attributed to their mothers' contribution to housework. Further, the research suggests that the positive effects of wife's full-time employment and the presence of preschool children in the household on husband's housework are weakened if the husband lives in a multigenerational household; however, such a living arrangement does not affect (weaken) the effect of wife's income.


社會科學研究 第65巻 第1号(2014-05-08発行)

(更新日: 2014年 5月 8日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。