『社会科学研究』第65巻第1号

若者と地域活動―福井市における大学生のまちづくり活動の事例から―
Local Community Activities and Young People: A Study of a Student Organization of Local Community Activity in Fukui City
羽田野慶子/HATANO Keiko

Keywords: 地域活動, 若者, 希望, まちづくり, 職業キャリア,

抄録

 本稿では、地方都市の若者の地域活動について、2011年に福井県で実施したアンケート調査をもとにその現状を把握したうえで、実際に福井市で地域活動を行っている学生団体の事例を紹介し、若者に対する地域活動への参加機会の提供が若者をどう変化させるかについて検討する。福井県で地域活動もしくはボランティア活動に参加する若者の割合は3割弱に留まる。しかし、参加しない理由は、活動に関心がないのではなく、参加の仕方がわからないからである。若者に地域活動参加の機会を提供することがもたらす効果は、もともと地域活動に熱心な「地域活動アクティブ群」、地域活動への意欲を高める「地域活動ウォームアップ群」、地域活動の経験を職業キャリアに活用する「地域活動ポテンシャル群」の三つに類型化することができた。

abstract

In this paper, first we show how many young people participate in the local community activities in a local city of Japan, based on a survey about people’s community life in Fukui prefecture, investigated in 2011. Secondly, we introduce a student organization of local community activity in Fukui city. We will consider how young people change their attitude towards the local community activities by having an opportunity to participate in them. The percentage of young people who participate in local community activities or volunteer activities is less than 30 percent. The reason why they do not participate in those activities is not by their indifference, but in ignorance of how to participate in them. The effect that it brings to provide the opportunity of the local community activity participation to the youth has three types. The first type is the youth participating in a local activity eagerly from a beginning. The second type is the youth who raised the will for the local community activity. The third type is the youth who converts the experience of the local community activity into an occupation carrier.


社會科學研究 第65巻 第1号(2014-05-08発行)

(更新日: 2014年 5月 8日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。