『社会科学研究』第66巻第1号

地域的な高失業の発生要因と対策
Local Hyper-unemployment in China: Their Causes and Remedies
丸川知雄/MARUKAWA, Tomoo

Keywords: 失業、炭鉱、産業構造、阜新、国有企業

抄録

 中国は年率9%以上の高度成長を続けてきた割には都市部の失業率は5%前後と高い。中国の失業問題は全国で平均的に起きているのではなく、産業構造の転換のなかで不況に陥った都市で大量の失業者が発生し、彼らがなかなか再就職できないことによって、失業が特定地域で慢性化している。本稿ではこうした見方を裏付けるために、2000年と2010年の人口センサスのデータを用いて各地域の産業構造の特徴と失業率の関係を検証した。その結果、鉱業または製造業に依存し、産業の多様性に乏しい地域で失業率が高いことがわかった。そうした地域の代表例として国有炭鉱に依存してきた遼寧省阜新市が挙げられる。阜新市では国有炭鉱で資源が枯渇し、それに伴う大量の解雇によって深刻な失業問題が発生した。市政府は産業の振興によって就業を回復する努力を続けているがなかなか高失業から抜け出せない。小売業や自営業、地方政府の失業対策事業によって失業率はある程度低下したが、失業問題は慢性化しており、有効な打開策は見えない。

abstract

Notwithstanding China’s rapid economic growth, its recent urban unemployment rate remains at a relatively high level—around 5 percent. The main reason for this is the chronic hyper-unemployment problems at some cities which fell into stagnation caused by the change in the industrial structure. Using the population census of 2000 and 2010, this study examines the relationship between local unemployment rate and its industrial structure. It finds that localities which depend heavily on mining or manufacturing and lack the diversity of industries tend to have high unemployment rates. An example of such localities is Fuxin, Liaoning Province, which has heavily depended on a state-owned coal mine. The depletion of coal brought about very serious unemployment in the city. The municipal government has tried to relieve unemployment by developing new industries, but so far the unemployment rate has remained at a very high level.


社會科學研究 第66巻 第1号(2014-12-15発行)

(更新日: 2014年 12月 15日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。