『社会科学研究』第66巻第1号

中国におけるイノベーション政策の効果推計――多層・多ルートの政策体系は機能しているのか?
Treatment Effect of Innovation Policies in China Do Multi-level and Multi-route Policy Packages Work?
伊藤亜聖、李卓然、王敏/ITO Asei, LI Zhuoran, WANG min

Keywords: 中国,ナショナルイノベーションシステム,イノベーション政策,政策評価,傾向スコアマッチング法

抄録

 中国政府は2006 年以降,海外技術の輸入に頼らない自主的なイノベーションの実現を目指し,各層の政府と各種の支援政策によって企業の研究開発とイノベーション活動を促進しようとしてきた.本稿は中国四川省成都市のデータを用いて,各政府レベルと,各カテゴリーの政策が,企業の知的財産権出願数,新製品数,工程改善数にどのような影響を与えているかを傾向スコアマッチング法によって推計した.分析の結果,全政策を合計した平均効果として,知的財産権出願数を約2つ増加させることが示されたほか,政府のレベルとしてはよりローカルな政府が実施している政策が効果的であり,また政策カテゴリーとしてはイノベーションの活動自体をサポートする政策が効果的であることが報告された.この結果,この10 年に急速に整備された中国の「多層的かつ多ルート」なイノベーション政策体系は,全体として企業のイノベーションを推進する効果を持つと同時に,効率化の余地が大きいことが示唆される

abstract

Since the 2000s, the Chinese government has implemented numerous innovation related policies by national-, provincial-, and city-level agencies. Each level of government aims to promote innovation activities, however, few empirical evaluations of each policy level and categories have been conducted. This paper estimates the treatment effects of innovation policies at each government level and category by using firm-level survey data from an inland city. Results suggest that innovation policies stimulate firm-level innovation activities, in particular, lower-level agencies and various government services for innovation activities are effective. On the other hand, some categories of policy, including tax incentives, seem to be less efficient. Restructuring the current policy menu and establishing further feedback mechanisms for innovation policy will improve the efficacy of fiscal spending.


社會科學研究 第66巻 第1号(2014-12-15発行)

(更新日: 2014年 12月 15日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。