『社会科学研究』第66巻第1号

歴史の長い影―ビスマルク型福祉国家改革と政治過程―
A Longer Shadow of History: Bismarckian Welfare States and the Political Mechanisms of Structural Reforms
平島健司/HIRASHIMA, Kenji

Keywords: ビスマルク型福祉国家、構造的改革、社会保険、コーポラティズム、自治

抄録

 福祉国家の諸類型の中でも、社会保険制度を社会保障の主軸とする「ビスマルク型」福祉国家は、改革にもっとも不向きな類型として考えられてきた。しかし、この類型に属する国々においても、2000年代を迎えて以降は社会保険制度の改革があいついで見られた。B・パリエは、これらの「構造的改革」をこの類型に属するすべての国々が共通してたどった過去30年間に及ぶ「改革の軌跡」の到達として理解すべきだと主張する。しかし、「構造的改革」が実現された政治過程は、国ごとに多様である。本稿は、ドイツ、フランス、オランダの事例をとりあげ、社会保険制度の構成、コーポラティズム、1990年代の前提条件に注目し、三カ国における「構造的改革」の政治過程の特質を比較の中から明らかにする。

abstract

Among the types of welfare states, the Bismarckian type has long been regarded as functionally unsustainable and politically reform resistant. However, we have witnessed a series of structural reforms in the countries of this type in the 2000s. Bruno Palier argues that these reforms are to be understood as a consequence of the “reform trajectory” in the last three decades commonly shared by all Bismarckian welfare states. Focusing on the different national settings of insurance schemes, corporatism, and the preconditions in the 1990s, this article demonstrates variations of political mechanisms of structural reforms in Germany, France, and the Netherlands.


社會科學研究 第66巻 第1号(2014-12-15発行)

(更新日: 2014年 12月 15日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。