『社会科学研究』第67巻第2号

Who tolerates tax increases? Age and gender in the raising of Japanese consumption taxes

MCELWAIN, Kenneth Mori
NOBLE, Gregory W.

Keywords: 世論分析, 消費税, 日本政治, ジェンダー, 財政政策

抄録

 日本の政党は、国の借金増大という喫緊の課題に直面し、歳出削減や増税に対する一般の人々の支持を取り付けようと懸命になっている。本論文では、1985年から2015年にかけて実施された世論調査の結果を用いながら、消費税への人々の支持が費用および便益の認識に左右されているということを示す。具体的には、公共財(特に社会保障プログラム)に資金を供給するために税金が必要だと回答者が考えていれば、消費税への支持率は高くなる。また、高齢者は納税の便益をすぐに受けられる立場にあるため、増税に対する許容度は年齢とともに上昇する。しかし女性は男性に比べて許容度は低くなっており、これは消費税の引き上げによる価格上昇に対して女性の方がより敏感であるからだと考えられる。

abstract

Facing alarming public debt, Japanese political parties struggle to muster public support for painful expenditure cuts and tax increases. Using public opinion surveys between 1985 and 2015, we show that public support for consumption taxes is conditional on perceptions of costs and benefits. Approval is higher when respondents believe that taxes are necessary to fund public goods, particularly social insurance programs. We also find that tolerance for tax hikes increases with age, as the elderly are closer to receiving the benefits of tax payments, but lower for women, likely because they are more sensitive to price increases imposed by the consumption tax.


社會科學研究 第67巻 第2号(2016-03-31発行)

(更新日: 2016年 3月 31日)

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。