社研インタビュー

社研卒業生の現在(いま)

このページでは、社研卒業生の現在と題しまして、今まで社研にある時期在籍されて、今は多方面で活躍されている皆様をご紹介しています(プロフィールにあるご所属・ご職位はインタビュー当時のものです)。

最新の記事

高橋五月さん

高橋五月さん

法政大学人間環境学部 (准教授)

「私は赤門棟5階がとにかく好きでした。各部屋、各自でやっていることは色々でしたが、「赤門棟5階」は長屋的(?)コミュニティーを形成していたような気がします。赤門棟ランチ会なるものも不定期に開催され、いつも涙を流しながら笑っていたことを記憶しています。」

(2017年9月27日掲載)

大島潤二さん

大島潤二さん

東京大学物性研究所(専門職員)

「社研は、理工系の大規模部局と違い教職員数が少なく、先生と事務との距離も近いため、アットホームな雰囲気で連帯感があるところだと思います。」

(2017年9月27日掲載)

これまでの記事

加島潤さん

加島潤さん

横浜国立大学大学院国際社会科学研究院(准教授)

「また、当時の研究会のメンバーは、多くが任期付きの職にあり、任期終了後はどうなるかわからない、というポスドク共通の緊張感を共有しており、ある種の連帯感のようなものがありました。そしてそのなかから、一人、また一人と、大学や研究機関での新たな職が決まり社研を去る方が現れていったことは、プレッシャーにもなり、同時に励みにもなりました。」

(2017年6月29日掲載)

ガーニエ大蔵奈々さん

ガーニエ大蔵奈々さん

The Chinese University of Hong Kong(Assistant Professor)

「To me, Shaken is a unique nexus of international and interdisciplinary collaboration and research at the vanguard of Japanese academia. While many other institutions in Japan talk about internationalization and global outreach, Shaken has been one of the pioneers in building global networks and engaging with international scholars, and the researchers at Shaken are on the leading edge of social science research, both in Japan and worldwide. 」

(2017年6月29日掲載)

清弘ひかりさん

清弘ひかりさん

東京大学教養学部等図書課(係長)

「社研の図書室では図書がとても大切にされており、図書の保存や補修についての研修や講習会、講演会等に数多く参加させていただきました。異動の直前には資料雑誌業務も担当させていただき、業務の幅を広げることができました。社研で学ばせていただいた知識や経験は、図書館職員としての私の大切な基盤となっています。」

(2017年3月27日掲載)

Blackwoodさん

Thomas Blackwoodさん

東京国際大学 国際戦略研究所 (教授)

「Probably the strongest impression I have from my time at Shaken is the degree to which Shaken is a truly egalitarian (フラット) institution, where all members—faculty or staff, full professor or research assistant—treat each other with respect. I have never been in an institution before or after, in Japan or America, where one’s status was as seemingly immaterial as at Shaken. 」

(2017年3月27日掲載)

荒見玲子さん

荒見玲子さん

名古屋大学大学院法学研究科(准教授)

「改めて振り返ると、社研はとてもフラットな職場であると同時に、若手の育成システムがとても整っているところでした。セミナーや研究活動の過程で助教でもきちんと意見を求められ、学際的に活発な意見が飛び交う中で、むしろ自分のディシプリンの守備範囲がどこで、何が強みで何が弱みなのかを強く意識するようになったことは、私のキャリア上の得難い経験だったように思います。」

(2016年12月22日掲載)

小森田秋夫さん

小森田秋夫さん

神奈川大学法学部(教授)

「昨今、学長のリーダーシップが強調されています。学長と所長とでは同じではありませんが、社研というところは、伝統となった独自の気風があり、所員がそれぞれの場所で自律的かつ積極的に活動し、それを信頼することのできる職場でした。」

(2016年12月22日掲載)

菅万理さん

菅万理さん

兵庫県立大学経済学部(准教授)

「着任当時の社研では、2005年から 「希望学」プロジェクト、2006年から「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査」と、社研を特徴づけるような大プロジェクトが躍動していました。私にとって社研とは、緻密に掘り下げていく研究と、分野を超えて広く社会に発信する研究のクロスロードのような場所でした。」

(2016年9月20日掲載)

上村泰裕さん

上村泰裕さん

名古屋大学大学院環境学研究科(准教授)

「社研の助手として過ごした2001年からの3年間は、現在に至る私の仕事の土台になっていると感じます。研究テーマについても、研究者のネットワークの点でも、社研時代に得たきっかけがその後の展開につながりました。」

(2016年9月20日掲載)

佐藤慶一さん

佐藤慶一さん

専修大学ネットワーク情報学部(准教授)

「「震災の記憶」オーラルヒストリー調査では、消防関係の方などにお話をうかがい『〈持ち場〉の希望学 釜石と震災、もう一つの記憶』東大社研、中村尚史、玄田有史 編(東京大学出版会 2014年)の第4章にしていただきました。直接当事者から震災時の悲しみなど胸に迫るお話をうかがったことは、自身の研究スタイルのみならず、ものの見方や考え方にも影響があったものと思い返されます。」

(2016年6月29日掲載)

佐藤由紀さん

佐藤由紀さん

玉川大学リベラルアーツ学部(准教授)

「社研は、研究者としてしなやかに強く生きていきたい、という想いを育んでくれた場所です。その想いを胸に、研究者としての自分と、教員としての自分の接点を上手につなげていくことが、今の私の課題です。」

(2016年6月29日掲載)

和田春樹さん

和田春樹さん

東北大学東北アジア研究センター・フェロー

「最後に私の仕事は、「東北アジア共同の家」の建設を提案するところにまで進みました。社研を退職するときの最終研究会報告で私はこの構想について話しました。だから、近年社研が「東アジア共同体」の共同研究をされているのを知って、とてもうれしかったのです。 」

(2016年3月30日掲載)

石黒久仁子さん

石黒久仁子さん

東京国際大学国際戦略研究所(准教授)

「社研での業務、研究活動、そして先生方、職員の皆さん、同僚の研究者の皆さんとそれら業務・研究活動を通じてご一緒することができたのは、現在の私の活動とキャリアを支えている、一番の土台であり財産であると思います。」

(2016年3月30日掲載)

相澤美智子さん

相澤美智子さん

一橋大学大学院法学研究科(准教授)

「私が社研に職を得たキッカケは、2000年10月のある日に、高校の同級生からもらった1通のメールでした。 」

(2015年12月25日掲載)

郭舜さん

郭舜さん

北海道大学大学院法学研究科(准教授)

「広い個室を割り当てられたものの、書架にほとんど本もなく、がらんとした空間をもてあましているようなかたちでしたが、そうした感覚も徐々に薄れ、生活に慣れてきました。一員となってみると、社研は事務室や図書室の方々も含めて、一体となって動いている組織であるということを実感しました。」

(2015年12月25日掲載)

金成垣さん

金成垣さん

東京経済大学経済学部(准教授)

「大学院修了後、社研での助教の3年間は、それまでの自分がやってきた比較福祉国家研究をさらに広くかつ深く展開していくうえで非常に貴重な時間となりました。」

(2015年9月4日掲載)

板倉奈緒美さん

板倉奈緒美さん

東京大学医科学研究所研究支援課(課長)

「男女共同参画の流れの中で、あの悩んでいた日々は何だったのだろうという位、最後はあっという間でした。後に続く女性に、「板倉さんが頑張っているから自分も頑張れるかもしれない。」と思ってもらえるよう、これからも精進していきたいと思っています。」

(2015年9月4日掲載)

中澤渉さん

中澤 渉さん

大阪大学大学院人間科学研究科(准教授)

「日本の社会科学の将来は、SSJDAのあり方如何にかかわると言っても過言ではないと思います。現在の担当者の方にもその思いを引き継いでもらいたいと思うと同時に、社研の今後の発展を願ってやみません。」

(2015年7月6日掲載)

横山由香里さん

横山由香里さん

日本福祉大学社会福祉学部(准教授)

「前々から、社研でお仕事をされていた先輩が「社研は学際的な機関で面白い!」と仰っていたので、データアーカイブでの学術支援専門職員のお話を頂戴した時は、とてもうれしかったです。」

(2015年7月6日掲載)

広渡清吾さん

広渡 清吾さん

専修大学法学部(教授)、大学共同利用機関法人・人間文化研究機構(監事)

「社研で最後のプロジェクト研究は、「希望学」への参加でした。専門家が誰もいない、アイディアをだしあう研究がとても魅力的で、責任者のリーダーシップが抜群でした。」

(2015年3月31日掲載)

三浦まりさん

三浦 まりさん

上智大学法学部(教授)

「私が社研を去るのと入れ違いで、バークレー時代にお世話になったGregory Noble先生が着任され、社研は英語圏での日本政治研究の研究拠点として益々重要な役割を果たしているように思います。」

(2015年3月31日掲載)

大井方子さん

大井 方子さん

高知県公立大学法人 高知短期大学社会科学科(教授)

「社研では労働関係の先生方も多く、社研の外で開かれている労働関係の研究会にも呼んで頂くようになったことから、労働関係の研究をもっとやっていこうと思うようになりました。」

(2015年1月8日掲載)

門馬清仁さん

門馬 清仁さん

東京大学教養学部等事務部総務課専門員(総務担当)

「所長はじめ諸先生方には、社研独自の様々な自己啓発支援制度をつくってくださったことに大変感謝しております。私は、在職中、継続して韓国語を学ばせていただきました。」

(2015年1月8日掲載)

藤森宏明さん

藤森 宏明さん

北海道教育大学大学院教育学研究科(准教授)

「着任当初は業務の内容自体を把握するのにとても苦労し、自他ともにハラハラしながらも多方面の方々からの叱咤激励の中、何とか働いていたように思います。」

(2014年10月3日掲載)

山崎由希子さん

山崎 由希子 さん

公益財団法人生協総合研究所(研究員)

「編集の仕事については社研で得た研究者情報や原稿依頼のマナー知識がとても役に立っていますし、またこちらでの仕事で知り合った研究者の方が社研をご存じであったり、社研の持つネットワークの広がりを感じます。」

(2014年10月3日掲載)

石倉義博さん

石倉義博 さん

早稲田大学理工学術院(教授)

「社研着任時には、2000年問題が話題となっていた時期でもあり、古い教員用端末やサーバシステムの更新を大慌てで行なったのも懐かしい思い出です。」

(2014年7月17日掲載)

永井暁子さん

永井暁子 さん

日本女子大学人間社会学部(准教授)

「社研勤務時代の知り合いは現在でも重要な研究仲間です。私の研究生活にとって貴重な機会を与えてくれたことをとても感謝しています。」

(2014年7月17日掲載)

橘川武郎さん

橘川武郎 さん

一橋大学大学院商学研究科(教授)

「3.11後、原発問題や震災復興をめぐって社会的に発言する機会が増えましたが、その際、「希望学」プロジェクトを通じて福井・嶺南や釜石の方々と直接お話させていただいた経験が、自分の視座を作り上げる基盤となりました。」

(2014年3月17日掲載)

保坂美和子さん

保坂美和子 さん

元・社研図書室勤務

「図書委員会は教官と図書職員によって構成されていましたが、会議ではいつも、立場の違いを超えて率直に意見を述べられる雰囲気がありました。」

(2014年3月17日掲載)

菊池哲彦さん

菊池哲彦 さん

尚絅学院大学総合人間科学部表現文化学科(准教授)

「今回、自分の話が社研ウェブ・サイトの「コンテンツになる」というのは、なんとなく気恥ずかしい気がしています。「コンテンツにする」のが仕事でしたので… 。」

(2013年12月12日掲載)

高松香奈さん

高松香奈 さん

国際基督教大学教養学部 (准教授)

「社会科学研究所は私の人生に強い影響を与えた機関であり、貴重な「出会い」を下さった「場」です。」

(2013年12月12日掲載)

松本秀幸さん

松本秀幸 さん

日本学術振興会ロンドン研究連絡センター(副センター長)

「今の仕事に従事できるのも、国際交流の職務の機会を与えて頂いた社研のおかげだと思っています。」

(2013年 9月13日掲載)

黒田祥子さん

黒田祥子 さん

早稲田大学教育・総合科学学術院(准教授)

「教育と研究という両輪を回す現在のスタイルを楽しむことができているのも、社研での研究に没頭した2年間があったからだと思います。」

(2013年 9月13日掲載)

土屋ともよさん

土屋ともよ さん

元・社研図書室勤務

「定年退職前の3年間弱でしたが、研究分野を複数の視点から考察なさる先生方が職員にも気軽に話し掛けて下さるすばらしい環境で過ごせました。」

(2013年 6月20日掲載)

岡部恭宜さん

岡部恭宜 さん

国際協力機構JICA研究所(主任研究員)

「社研は、私が半人前ながらも研究者として勤務した最初の組織であり、博士論文を完成させ、それを本として出版した場所でもありました。」

(2013年 6月20日掲載)

山崎広明さん

山崎広明 さん

元教授・元所長

「今思えば、1990年4月1日は、社会科学研究所が新たなスタートを切る画期となる日だったのではなかろうか。」

(2013年3月14日掲載)

金井郁さん

金井郁 さん

埼玉大学経済学部(准教授)

「4年間の社研在籍は、研究者として非常に恵まれたスタート地点にいたのだ、と改めて感じています。」

(2013年3月14日掲載)

福田祐子さん

福田祐子 さん

東京大学国際部留学生・外国人研究者支援課(係長)

「社研を卒業する時は悲しかったのですが、卒業生にもOpen な社研ですから、それに甘えて、現在でも社研に出入させていただいています。」

(2012年12月21日掲載)

上神貴佳さん

上神貴佳 さん

高知大学人文学部(准教授)

「社会科学のさまざまな分野の研究者が一つのフィールドを共有し、ともに研究を進めるというのも、社研の真骨頂なのではないかと思います。」

(2012年12月21日掲載)

古谷眞介さん

古谷眞介 さん

大阪産業大学経済学部経済学科(准教授)

「彼らと苦楽をともにできたことが、私の財産になっています。社研での経験が大学で働くうえでの参照基準となっています。」

(2012年10月 1日掲載)

村上あかねさん

村上あかね さん

桃山学院大学社会学部(准教授)

「格差や雇用の問題を地域の特性、ジェンダー、歴史など、多面的かつ総合的に捉える視座を得たことは、私の現在のキャリアにとって重要な転機だったといえます。」

(2012年10月 1日掲載)

武部さん

武部三枝子 さん

元・社研図書室勤務

「在職中に一番印象に残った仕事は、何と言っても耐震補強工事です。図書室のスタッフはもとより、事務室の方々、教員の方々の支援に助けられながら、無事引越しを終えることができました。」

(2012年 6月25日掲載)

佐藤朋彦さん

佐藤朋彦 さん

総務省統計局統計調査部労働力人口統計室(企画官)

「統計を担当する国の行政機関は、日々多くの統計調査を実施していますが、当時はまだデータアーカイブに相当する機関はなく、職員の知識も充分ではありませんでした。」

(2012年 6月25日掲載)

柴垣さん

柴垣和夫 さん

ハリウッド大学院大学(ビューティビジネス研究科長・教授)

「30余年の社研生活で一番充実していたように思えるのが助手時代です。」

(2012年 3月13日掲載)

二階堂さん

二階堂有子 さん

武蔵大学経済学部(准教授)

「社研からはチャンスを頂いてばかりでしたが、それらの経験がその後の論文や現在大学で担当している講義に活かされていることは言うまでもありません。」

(2012年 3月13日掲載)

大森さん

大森佐和 さん

国際基督教大学教養学部(准教授)

「社研という研究が中心の、いつも研究上での刺激を得られる環境に身を置き続けることができたために、博士論文を仕上げる事が出来たのだと思います。」

(2011年12月27日掲載)

石川さん

石川耕三 さん

山口大学経済学部国際経済学科(准教授)

「社研での5年間は、将来および経済的な不安を抱えつつも、他方で責任は限定されているという「モラトリアム」期間であったと言えると思います。」

(2011年12月27日掲載)

三輪さん

三輪哲 さん

東北大学大学院教育学研究科(准教授)

「在職した4年間について非常に充実した日々だった、と振り返るのはあながち嘘ではありません。たとえそれが、常に駆け足で走ることを余儀なくさせるものだったとしても。」

(2011年9月27日掲載)

松浦さん

松浦民恵 さん

ニッセイ基礎研究所生活研究部門(主任研究員)

「社研での1年10ヶ月は、研究者としてのキャリアのなかで、研究に向き合い、生みの苦しみを味わうことができた特別な期間でした。」


(2011年9月27日掲載)

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。