東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

スタッフ

スタッフ

中林真幸 (NAKABAYASHI Masaki)

所属部門 比較現代経済部門 教授
専門分野 取引システム
e-mail mn@iss.u-tokyo.ac.jp
個人ページ http://sites.google.com/site/5600043jpn/

経歴

1995年4- 日本学術振興会特別研究員DC1
1998年4月 - 東京大学大学院経済学研究科・経済学部助手
1999年4月 - 千葉大学法経学部経済学科助教授
2002年4月 - 大阪大学大学院経済学研究科助教授
2002年9月 - 日本学術振興会海外特別研究員・スタンフォード大学経済学部客員研究員
2007年4月 - 大阪大学大学院経済学研究科准教授
2008年4月 - 東京大学社会科学研究所准教授
2014年4月 - 東京大学社会科学研究所教授

研究テーマ

1経済史 (Economic history)
2比較制度分析(Comparative institutional analysis)

主要業績

論文

1. 査読有り
  • Yu Mandai and Masaki Nakabayashi, “Stabilize the peasant economy: Governance of foreclosure by the Shogunate,“ Journal of Policy Modeling, 40(2), pp. 305-327, March-April 2018. https://doi.org/10.1016/j.jpolmod.2018.01.007
  • Masaki Nakabayashi, “From the substance to the shadow: The role of the court in Japanese labour markets,“ The Economic History Review, 71(1), pp. 267-289, February 2018. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/ehr.12432
  • Masaki Nakabayashi, “Contained crisis and socialized risk: Unconventional monetary policy by the Bank of Japan in the 1890s,“ Research in International Business and Finance, 40, pp. 231-241, April 2017. http://dx.doi.org/10.1016/j.ribaf.2017.01.008
  • Masaki Nakabayashi, “Honesty, diligence, and skill: Risk sharing and specialization in the Kiryu silk weaving cluster, Japan,“ Review of Development Economics, 21(4), pp. 1401-1424, November 2017. http://doi.org/10.1111/rode.12282
  • Masaki Nakabayashi, “Imposed efficiency of treaty ports: Japanese industrialization and western imperialist institutions,“Review of Development Economics, 18(2), pp. 254-271, May 2014. http://doi.org/10.1111/rode.12082
  • Arimoto, Yutaka, Tetsuji Okazaki and Masaki Nakabayashi,“Agrarian land tenancy in prewar Japan: contract choice and implications on productivity,“ The Developing Economies, 48(3), pp. 293-318, September 2010. http://doi.org/10.1111/j.1746-1049.2010.00109.x
  • Masaki Nakabayashi, “The rise of the modern silk reeling industry and financial institutions: the formation of the institution of providing advances on documentary bills,“ Japanese Yearbook on Business History, 18, pp. 119-139, December 2001. http://doi.org/10.5029/jrbh1984.18.119
  • 中林真幸「大規模製糸工場の成立とアメリカ市場―合資岡谷製糸会社における経営発展と商標の確立―」『社会経済史学』第66巻6号,3-24頁,2001年3月.
  • 中林真幸「蚕糸業再編期における製糸経営―経営発展と金融制度―」『経営史学』第35巻1号,1- 29頁,2000年6月. http://doi.org/10.5029/bhsj.35.1
  • 中林真幸「製糸業における工女の取引制度―諏訪製糸同盟の成立に関する考察―」『歴史学研究』第734号,17-33頁,2000年3月.
  • 中林真幸「製糸業における労資関係の形成」,『史学雑誌』第108編第6号,1-43頁,1999年6月.
  • 中林真幸「器械製糸業勃興期における「荷為替立替金」供給制度の形成」『経営史学』第33巻第4 号,52-80頁,1999年3月.http://doi.org/10.5029/bhsj.33.52
  • 中林真幸「「等級賃金制」の確立―諏訪製糸業における誘因体系―」『社会経済史学』第64巻第6号,58-89頁,1999年3月.
  • 中林真幸「製糸資本の勃興―蚕糸業再編期の開明社―」『土地制度史学』〔後継誌名『歴史と経済』〕第150号,18-37頁,1996年1月.
  • 中林真幸「蚕糸業の再編と国際市場:1882-1886年」『土地制度史学』第145号,1-20頁,1994年10月.
  • 中林真幸「製糸資本勃興期の金融」『史学雑誌』第103編第4号,36-78頁,1994年4月.
2.査読無し
  • 中林真幸「雇用の長期的な趨勢―歴史的な観点から―」『日本労働研究雑誌』683号,53-63頁,2017年6月.
  • 中林真幸「釜石製鉄所現業従業員の賃金と職位―中間報告―」『社会科学研究』[東京大学]第61巻5・6号,55-65頁,2011年3月.
  • 中林真幸「諏訪製糸業における中小経営の発展」,『経済志林』〔法政大学〕第73巻4号,363-380頁,2006年3月.
  • Masaki Nakabayashi, “An organization of production tied with an institution of market: Institutional complementarity in the silk reeling industry,“ 『大阪大学経済学』(Osaka Economic Papers),第54巻3号,434-449頁, 2004年12月.
  • 中林真幸,「近世瀬戸内海における漁場用益形態に関する一考察―備中真鍋島の漁業と漁場―」『論集きんせい』第18号,25-56頁,1996年5月.


著書

1. 単著
  • 中林真幸『近代資本主義の組織―製糸業の発展における取引の統治と生産の構造―』東京大学出版会,2003年6月.
2. 共著
  • 深尾京司・中村尚史・中林真幸編『岩波講座 日本経済の歴史 第2巻 近世 16世紀末から19世紀前半』(中林真幸/森口千晶,「政府の役割」22-33頁;今村直樹/中林真幸,「所得と資産の分配」,33ー49, 57ー60頁;萬代 悠/中林真幸,「近世の土地法制と地主経営」,150-176頁 を分担執筆),全306頁,岩波書店,2017年8月.深尾京司・中村尚史・中林真幸編,『岩波講座 日本経済の歴史 第1巻 中世 11世紀から16世紀後半』(西谷正浩/早島大祐/中林真幸,「政府の役割」,23-33頁;西谷正浩/中林真幸,「所得と資産の分配」,33ー49頁を分担執筆),全301頁,岩波書店,2017年7月.
  • 田中亘/中林真幸編『企業統治の法と経済-比較制度分析の視点で見るガバナンス』(中林真幸,「第7章 黎明期の企業統治と資本市場-東京株式取引所上場企業の財務と統治と株価」,187ー209頁を分担執筆),416頁,有斐閣,2015年4月.
  • 中林真幸/石黒真吾編『企業の経済学-構造と成長』(中林真幸/石黒真吾,「序章 企業の経済学」1ー22頁;中林真幸,「第7章 技能の修得と能力の学習」189-220頁を分担執筆),388頁,有斐閣,2014年12月.
  • 小峰隆夫/岡崎哲二/寺西重郎/松島茂/中村尚史/中林真幸/日本経済研究センター50年史編纂委員会編『エコノミストの戦後史―日本経済50年の歩みを振り返る―』(オーラル・ヒストリー作成を分担),日本経済新聞出版社,2013年12月.
  • 中林真幸編『日本経済の長い近代化 統治と市場、そして組織 1600-1970』(中林真幸,「序章 取引の統治と諸市場の逐次的な拡大」,1-43頁;中林真幸,「第2章 財政国家の成立―財政基盤の確立と公債市場の成立―」,78-112頁;中林真幸,「第3章 株式市場の誕生と金融政策の成立―日本銀行と資本市場―」,113-130頁;中林真幸,「第4章 市場と生産の相互作用―横浜生糸市場と蚕糸業の再編―」,132-159頁;中林真幸,「第9章 内部労働市場の深化と外部労働市場の変化―製鉄業における教育と経験と賃金―」,303-332頁;中林真幸,「終章 共同体と市場,市場と企業」,333-350頁,を分担執筆),名古屋大学出版会,2013年2月.
  • Masaki Nakabayashi, "The rise of a Japanese fiscal state," in Bartolomé Yun-Casalilla and Patrick K. O'Brien with Francisco Comín Comín, eds., The Rise of Fiscal States:A Global History, 1500-1914, Cambridge: Cambridge University Press 2012, pp. 378-409, 2012.
  • 佐々木聡/中林真幸編著 『講座・日本経営史 第3巻 組織と戦略の時代―1914~1937―』(中林真幸/ 佐々木聡,「企業組織の成長と産業組織の変化―第一次世界大戦期から両大戦間期にかけて―」,1-13頁;中林真幸,「綿紡績業の生産組織―鐘淵紡績に見る先端企業の事例―」,87-103頁を分担執筆),ミネルヴァ書房,2010年9月.
  • 中林真幸「生産組織と労働組織と企業文化」,阿部武司/中村尚史編著,『講座・日本経営史 第2巻 産業革命と企業経営 1882~1914』,55-79頁,ミネルヴァ書房,2010年2月.
  • Masaki Nakabayashi, "Flexibility and diversity: the putting-out system in the silk fabric industry of Kiryu, Japan," in Tetsuji Okazaki, ed., Production Organizations in Japanese Economic Development, London: RoutledgeCurzon, pp. 127-167, 2007.
  • Tetsuji Okazaki and Masaki Nakabayashi, "History of production organizations," in Tetsuji Okazaki, ed., Production Organizations in Japanese Economic Development, London: RoutledgeCurzon, pp. 1-13, 2007.
  • 中林真幸「日本資本主義論争―制度と構造の発見―」,杉山伸也編『岩波講座 「帝国」日本の学知 第2巻 「帝国」の経済学』,岩波書店,173-216頁,2006年9月.有本寬/岡崎哲二/中林真幸,「小作契約の選択と共同体」,澤田康幸/園部哲史編著,『市場と経済発展―途上国における貧困削減に向けて』,93-125頁,東洋経済新報社,2006年3月.
  • Masaki Nakabayashi, "The rise of a factory industry: silk reeling in Suwa district," in Masayuki Tanimoto, ed., The role of traditional factors in Japanese industrialisation 1880-1920, Oxford: Oxford University Press, pp. 183-216, 2006.
  • 岡崎哲二/中林真幸,「生産組織の経済史」,岡崎哲二編『生産組織の経済史』,東京大学出版会,1-30頁, 2005年9月.
  • 中林真幸「勃興期近代製糸業の発展経路―長野県諏訪郡の製糸経営―」,高村直助編著,『明治前期の日本経済―資本主義への道―』,ミネルヴァ書房,195-226頁,2004年10月.
  • 中林真幸「原料繭の流通と地方市場」,中西聡/中村尚史編著,『商品流通の近代史』,日本経済評論社,249-276頁,2003年8月.
  • 中林真幸「問屋制と専業化―近代における桐生織物業の発展―」,武田晴人編,『地域の社会経済史―産業化と地域社会のダイナミズム―』,有斐閣,19-66頁,2003年7月.
  • 中林真幸「製糸工女取引の公的統治と私的統治」,岡崎哲二編,『取引制度の経済史』,東京大学出版会,99-160頁,2001年9月.
  • 岡崎哲二/中林真幸「経済史研究における制度」,岡崎哲二編著,『取引制度の経済史』,東京大学出版会, 1-12頁,2001年9月.
  • 中林真幸「産業化過程における誘因体系の形成―労働力支出の最適化問題とその解決―」,杉浦克己/柴田徳太郎/丸山真人編著,『多元的経済社会の構想』,日本評論社,63-105頁,2001年6月.
  • 中林真幸「養蚕業の発展と原料繭流通」,老川慶喜/大豆生田稔編著,『商品流通と東京市場―幕末~戦間期―』,日本経済評論社,2000年,165-191頁,2000年11月.
  • 中林真幸「製糸業の発達と幹線鉄道」,高村直助編著,『明治の産業発展と社会資本』,ミネルヴァ書房,161-196頁,1997年12月.
  • 中林真幸「横浜正金銀行の製糸金融―「原資金」供給制度の形成―」,横浜近代史研究会・横浜開港資料館編,『横浜の近代―都市の形成と展開―』,日本経済評論社,287-314頁,1997年3月.

教育活動

東京大学大学院経済学研究科 「Institutional Analysis of Japanese Economy I」
「Institutional Analysis of Japanese Economy II」
「日本経済史Ⅰ」 「日本経済史Ⅱ」
慶應義塾大学商学部 「現代企業経営各論(企業制度)」
慶應義塾大学経済学部 「Economic History of Japan A」
「Economic History of Japan B」