東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

スタッフ

名誉教授

和田 春樹 (1937-  )

専攻

ロシア・ソ連史、現代朝鮮研究

主な著作・論文

  • 『ニコライ・ラッセル―国境を越えるナロードニキ』(上・下)中央公論社、1973年
  • 『マルクス・エンゲルスと革命ロシア』勁草書房、1975年
  • 『農民革命の世界―エセーニンとマフノ』東京大学出版会、1978年
  • 『私の見たペレストロイカ―ゴルバチョフ時代のモスクワ』岩波新書、1987年
  • 『ペレストロイカ―成果と危機』岩波新書、1990年
  • 『北方領土問題を考える』岩波書店、1990年
  • 『開国―日露国境交渉』日本放送出版協会、1991年
  • 『金日成と満州抗日戦争』平凡社、1992年
  • 『歴史としての社会主義』岩波新書、1992年
  • 『朝鮮戦争』岩波書店、1995年
  • 『北朝鮮―遊撃隊国家の現在』岩波書店、1998年

経歴

1960年 東京大学文学部卒業
1960年 東京大学社会科学研究所助手
1966年 東京大学社会科学研究所講師
1968年 東京大学社会科学研究所助教授
1985~1998年 東京大学社会科学研究所教授
1996~1998年 東京大学社会科学研究所所長
1998年 東京大学名誉教授
2001年~ 東北大学東北アジア研究センター客員教授、同フェロー